Agile Japan 2020

Description

アジャイルジャパン2020開催決定!

多数の公募セッション、展示をご用意してお待ちしております!
https://2020.agilejapan.jp
※昨年とURLが異なりますのでご注意ください。


【重要なお知らせ】

現在、新型コロナウイルスへの対応につきまして、各方面で開催可否の判断を迫られており、実行委員一同、非常に残念な想いで事態を受け止めております。

アジャイルジャパンと致しましても慎重に検討を重ねておりますが、現時点では予定通り開催する方針で準備を進めております。
開催時期におけるウィルスの拡大・影響の程度が現時点では不明のため、4月上旬に開催可否の判断を致します。

今後の動向次第で、中止の判断をする可能性もございますが、止むを得ず中止となった場合はチケット費用は全額返金対応を致します。

時々刻々と状況が変わる状態であると認識しておりますので、最新情報は随時公式ホームページ・SNS等でご連絡致します。
ご参加いただく皆様の安全確保を常に最優先とした上で、引き続き判断して参ります。


───── アジャイルジャパン2020開催に向けて ─────

◆アジャイルの変化◆ 

アジャイルジャパンは今年で12年目を迎えます。この12年で日本におけるアジャイルの位置づけは大きく変わりました。ソフトウェア開発に携わるエンジニアの試行から始まったアジャイルは、その後Webサービス企業では当たり前となり、ウォーターフォール中心であった大企業でも採用されるに至りました。最近では、ソフトウェア開発だけではなく、会社組織全体にアジャイルを取り入れて組織変革を行う企業も出てきています。

◆崖っぷちの日本経済◆

日本経済は"失われた30年"と言われています。世界時価総額上位50社の中で、日本企業はこの30年で32社から1社に減るなど日本企業の時価総額は年々下がり続けています。このような状況から、私たちはグローバルな視座を持ち、世界における日本の競争力の低下を深く認識しなければいけません。ここ数年で"デジタルトランスフォーメーション"が叫ばれ、特に2018年に経済産業省から発表された「DXレポート」の"2025年の崖"は、日本企業に大きなインパクトを与えました。今まさに、将来を見据えて行動を起こさなければいけないほど、日本経済は待ったなしの状態と言えます。

◆日本のアジャイル◆

日本企業は、多重下請け構造やサイロ化された組織などの"スピード"に弱い構造から早く脱する必要があります。しかし、長年蓄積されてきた組織文化を変えることは容易ではなく、大きな壁になりがちです。アジャイルの実践は、単にプロセスを変えるだけでは成り立ちません。迅速に価値提供するマインドセットを持つことが大切です。今一度「なぜアジャイルをやるのか?」「価値を届けているか?」「幸福度は上がっているか?」「今の状況からどう変化させていくのか?」を見つめ直し、語りあうことが必要です。

◆大切にしたい日本気質◆

日本には、礼儀やおもてなしなど、相手を思いやる人間関係の潤滑油のような慣習があります。また、昔からモノづくりへの情熱、職人プライドなど、高度成長を支えてきた日本企業が培った技術や熱い魂があります。スクラムの元となった1986年に発表された論文「The New New Product Development Game」は、よき日本のモノづくり体験から生み出されたものであり、日本気質を活かしてトランスフォーメーションしていくことは十分可能であると思います。

◆変わる勇気・変えない勇気◆

前回のアジャイルジャパン2019では、"アジャイルでつなぐビジネスとIT"をテーマとして、ビジネスとITが協調することの必要性を考えました。アジャイルなチーム・組織を作り、ビジネス成果を出すためには、その他にも様々な取り組むべき要素があります。技術面では DevOpsやテスト自動化、クラウドネイティブなアプリケーション開発なども求められます。また、それらを実現するための人材育成や組織変革をはじめ、契約のあり方、経営層や社員のマインドチェンジなど、私たちの取り組むべき要素は多岐にわたります。

今回のアジャイルジャパン2020では、"変わる勇気・変えない勇気"をテーマとしています。私たちは今までの仕組みや慣習を見つめ直し、未来に向けて変化へ飛び込み、勇気をもってチャレンジする時が来たと言えます。ただ、実際には現状を踏まえるとすぐには変えられない部分も多くあります。「変わる」「変えない」部分を大きな勇気をもって見極めていきましょう。

ご参加いただく皆さまにとって、様々なセッションや参加者同士の対話はもちろんのこと、明日からの新たな一歩を踏み出す勇気を持ちかえっていただける"場(Ba)"にしたいと考えております。

ぜひ多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

アジャイルジャパン実行委員長 中野安美

───── 開催概要 ─────

開催日:2020年5月20日(水) 

開催時間:9:30 〜 21:00 (受付開始 9:00)
会場:TOC有明コンベンションホール 4F
主催:アジャイル ジャパン 2020 実行委員会
参加対象:・アジャイル開発を実践している方
     ・アジャイルやスクラムに興味がある方
     ・プロダクト改善やチーム変革に取り組むマネージャー
     ・DX推進を課題とする経営者や部門責任者
参加人数:800名
参加費:19,800円(税込)4月19日(日)まで
    29,700円(税込)4月20日(月)から
※お支払い方法は クレジットカード支払い / コンビニ支払い / 請求書支払い) が選択可能です。

※請求書支払いの場合、請求書発行手数料[1,100円(税込)/申込]の負担をお願いします。
 請求書発行時に合わせてご請求させていただきます。

※請求書払いに関するお問合せ
 Peatix請求書担当 / invoice@peatix.com
※チケットシステム(ピーティックス)に関するお問い合わせ
 フリーダイヤル: 0120-777-581
         10:00~18:00 年中無休 (GW、年末年始は除く)
 フォーム: https://peatix.com/contact
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#526168 2020-02-21 09:14:11
More updates
Wed May 20, 2020
9:30 AM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
Early Bird(~4/19) ¥19,800
団体チケット(※10枚でのご購入となります) ¥17,820
一般チケット(4/20~5/20) Apr 20 12:05 AM ~ ¥29,700

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 19, 2020.

Pay by invoice payment will be closed at the end of May 6, 2020, 9:30:00 AM.

Venue Address
江東区江東区有明3丁目5−7 Japan
Organizer
Agile Japan
1,228 Followers